Music
素敵な音楽
search
【青春】部活引退のときに聴きたい歌まとめ
最終更新:

【青春】部活引退のときに聴きたい歌まとめ

多くの人にとって学校生活で大部分を占め、一生懸命に打ち込んできた部活動。

それぞれの部活によって時期は異なりますが、卒業までに引退の日がやってくることでしょう。

引退を前にすると寂しい気持ち、ここまでやりきったことの達成感なんかが胸の中に芽生えているはず。

また、部活動を通して仲間たちとのきずなもいっそう強まったことと思います。

この記事では、そんな部活動をやり抜き引退を迎えたあなたに聴いてほしい曲を紹介していきますね。

これまでの努力をたたえる曲、きずなを歌った曲を集めましたので、ぜひ聴いてください。

あなたの心に染みる名曲ぞろいです。

もくじ

【青春】部活引退のときに聴きたい歌まとめ

サザンカSEKAI NO OWARI

学生生活の中で打ち込んだ部活動の終わりが近づく際には、感慨深いものがあるでしょう。

『サザンカ』を聴けば、友情や成長の日々を振り返りながら、新たな始まりへと歩み出す勇気が湧いてくるはずです。

SEKAI NO OWARIが放つ、温もりをおびたメロディと歌詞は、その時々の喜びや挑戦の意味を教えてくれます。

Fukaseさんの優しい歌声が、込められた想いを直接心に届け、今までの部活動を懐かしく思う瞬間に寄り添ってくれることでしょう。

引退の時に感じる寂しさや、仲間と過ごした時間を胸に刻むためにも、ぜひオススメの1曲です。

RAG MUSIC 編集部

星影のエールGReeeeN

GReeeeNの楽曲『星影のエール』は、卒業や引退といった節目の機会に相応しい感動を呼ぶ一曲です。

友情や支え合い、そしてこれからの門出を祝福するメッセージが込められており、学校生活で得た経験とそこで築いた絆を胸に刻むことでしょう。

耳に残るメロディーと心に響く歌詞で、多くの人々に元気と勇気を与えてきたこの楽曲は、部活引退の記念として、また新たな人生のスタートラインに立つ際にもピッタリです。

どのような時も貴方を励ます、まさに心に寄り添ったアンセムといえるでしょう。

RAG MUSIC 編集部

心得Uru

部活を引退しても、これまでやってきた努力を忘れずにまた次に生かしてがんばってほしい、という思いを感じられる、Uruさんの『心得』。

2023年にリリースされたこの曲は、ドラマ『風間公親-教場0-』の主題歌に起用されました。

自分が積み重ねてきたものをこれからの人生の「心得」にしてほしい。

そんな温かい願いが込められた歌詞が、この曲にあふれる希望の光のような、優しいUruさんの歌声によってつむがれています。

自分のこれまでの努力を忘れそうになったときに、自分を励ますつもりで聴いてみてくださいね。

SAKI

ゆらせれん

部活でたくさんの困難を乗り越えてきたから、これから待ち受ける困難もきっと打ち破れるよと勇気をくれるような、シンガーソングライターのれんさんが2022年に発表したナンバー『ゆらせ』。

これまでは部活の仲間と一緒に戦ってきたけれど、引退して1人になると急に大きな不安を感じてしまうことってありますよね。

でも部活を一生懸命頑張ってきたあなたには、試練や困難を乗り越える力が確実についているはず。

その力を信じて、これから訪れるあらゆることに自分の全力をもって立ち向かえよ、とこの曲が背中を押してくれますよ。

SAKI

雨燦々King Gnu

青春の一ページが閉じる瞬間を迎えた全ての人に送りたい1曲『雨燦々』。

King Gnuさんが魅せる、雨に濡れる情景と共に流れるメロディは、部活動の思い出と共にきっと心に刻まれるでしょう。

強い絆を育んだ仲間たちと過ごした日々へのセンチメンタルな想いが、切ない歌詞と調和して余韻を残します。

ピリオドを打つ悲しみも、これから始まる未来への希望も描かれたこの曲は、引退記念のBGMとしても最適です。

聴けば、過ぎ去った日々への感謝と新たな門出への勇気が湧いてくるはずです。

RAG MUSIC 編集部

怪獣の花唄Vaundy

Vaundyさんの『怪獣の花唄』は、エモーショナルなリリックとメロディーで多くの心を掴んで離しません。

特に、長い期間懸命に取り組んだ部活からの卒業を控えた皆さんにとって、曲の中に込められた情熱と感動は格別です。

心を打つ歌詞は、これまで共に過ごしてきた仲間との絆や、築き上げた多くの思い出を思い起こさせるでしょう。

明るく力強いリズムは、前へ進む勇気を与え、新たな一歩を踏み出すことへの背中をそっと押してくれます。

引退後も、Vaundyさんの歌声が青春の輝きを永遠に保ち続けてくれるに違いありません。

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む