Music
素敵な音楽
search

【必読】歌詞がいい曲。歌詞を見ながら聴きたい感動の曲

日本が誇る数々の名曲の中から、とくに歌詞のいい楽曲を厳選して紹介します。

「一度聴けば忘れられない」そんな心に直接響くメッセージソングを、誰もが認める定番の名曲から最新ソングまで集めました。

音楽を聴いて「泣きたい」「感動したい」「元気をもらいたい」という方、また人生に影響を与えるような歌をお探しの方にはぴったりの選曲なので、ぜひ聴いてみてくださいね。

あなたのつらい気持ちに寄り添い、押してほしい背中をトンとやさしく押してくれるはずですよ。

【必読】歌詞がいい曲。歌詞を見ながら聴きたい感動の曲

ラブレターYOASOBI

YOASOBIの楽曲『ラブレター』は、2021年8月9日にリリースされた1曲。

ikuraさんの情感豊かなボーカルはもちろん、大好きな音楽に出会えた喜びと愛がこもった歌詞が聴く者を魅了します。

この曲は、小学6年生のリスナーからの手紙が原作で、いかに音楽が人の心に影響を与えるかを色鮮やかに描いています。

Ayaseさんの繊細なメロディとアレンジがリスナーに温かな感動を与える本作は、日常の中で音楽に励まされたり、喜びを感じてきたすべての人にささげられた曲。

心新たに何かを始めたい時や、かけがえのない出会いに感謝したい時に聴いてみてください。

RAG MUSIC 編集部

ハルジオンYOASOBI

YOASOBIの楽曲『ハルジオン』は、小説『それでも、ハッピーエンド』からインスピレーションを受けた楽曲であり、美大卒業後の理想と現実のギャップに苦しむ主人公の再起を描いています。

2020年5月にリリースされ、さまざまなメディアで取り上げられたこの曲は、失われた夢や過ぎ去った恋を振り返りつつ、前を向く強さと諦めない心を歌った感動的なナンバーです。

過去の春の情景を思わせるメロディーと歌詞が、新たな季節の到来への希望と重なります。

小学生が心躍る春の日々をエンジョイするのにぴったりであり、新たな一歩を踏み出す勇気をも与えてくれることでしょう。

RAG MUSIC 編集部

つづいていくよジョナゴールド

新たなスタートを切る人々にささぐ、ジョナゴールドさんの新曲『つづいていくよ』。

2024年にリリースされた本作は、ワクワクと不安が混ざりあう気持ちを描いています。

もがきながらも前へ進む姿勢は、多くのリスナーの共感を誘うでしょう。

歌詞は過去と現在、未来へとつながっていく中で、ひとつひとつの瞬間が大切であることを説きます。

明日は未知なはずなのに、歩いて見れば意外と自由に描ける未来。

そんなメッセージを込めた本作は、冒険心をくすぐる魅力的なナンバーです。

新しい街での第一歩を踏み出す人や、自分の道を模索している人にオススメしたい1曲ですね!

RAG MUSIC 編集部

EXILE

EXILEの『道』は、2007年にリリースされた温かみのあるバラードで、リスナーの心にしっかりと響くメッセージを残しています。

過去の大切な記憶と未来への希望を描いた歌詞は、卒業や人生の新たなスタートにぴったりで、多くの方々の背中をそっと押してくれる存在です。

ATSUSHIさんのソウルフルな歌声が切なさと力強さを同時に伝えてくれます。

まるで人生の節目に贈る応援ソングのように、リスナーそれぞれに寄り添い、勇気づけてくれるでしょう。

故郷を離れたり、新しい挑戦を始める方々へ、この楽曲を贈りたいですね。

RAG MUSIC 編集部

東京くじら

新しい生活に胸を弾ませながらも、どこか寂しさや不安を抱える心情を描いた『東京』。

くじらさんが2023年にリリースし、3rdアルバム『野菜室』に収められた本作は、新たな挑戦とさよならをテーマに、みずみずしいサウンドスケープを展開します。

歌詞の中の主人公は、時間に追われる日々の中でふとした瞬間に感じる虚無感や孤独と向き合いつつ、でもきっと光り輝く東京で新しい自分を見つけたいと願う複雑な心境を浮かび上がらせます。

引っ越しや新節目を迎えたすべての人に寄り添う1曲になっています。

スタートラインに立つあなたに、くじらさんの温もりあるボイスが力強いエールを送ることでしょう。

RAG MUSIC 編集部