Music
素敵な音楽
search

【病みソング】あなたのつらい気持ちに寄りそう深い曲

失恋した、悲しいことが起きた、友達や家族とうまくいかない……。

そんな瞬間に、病みソングを聴きたいという方は多いのではないでしょうか。

自分が抱えているのと同じような悩みや苦しみが歌われた曲を聴くと、自分だけじゃないんだ……と少し楽になれますよね。

そこでこの記事では、さまざまなシチュエーションの病みソングを紹介します。

今の気分にぴったりの1曲を探してみてください。

あなたのつらい気持ちが少しでも楽になりますように……。

【病みソング】あなたのつらい気持ちに寄りそう深い曲

ナイフスピッツ

2017年に結成30年を迎えた国民的バンド、スピッツ。

どの楽曲もさわやかで幅広いファンを持つスピッツですがこの曲『ナイフ』はいつものスピッツとは全く違う、狂気を感じるナンバーです。

この曲は1992年にリリースされたミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』に収録されている1曲です。

聴き始めはゆったりとしたラブソングか?と思いきやすぐにこれは違う、闇だ、と感じる1曲。

どっぷりと深い闇につかってしまっている時に聴いてもちょっと怖さを感じるのでは、という1曲です。

うたたね

誰かの願いが叶うころ宇多田ヒカル

自分の幸せの裏では誰かが泣いているのかもしれない……そんなことを考えさせられる名バラードです。

日本の歌姫、宇多田ヒカルさんの楽曲で、2004年に13枚目のシングルとしてリリース。

映画『CASSHERN』への主題歌起用をきっかけに、ヒットしました。

奥行きのあるサウンドアレンジと宇多田さんのやわらかくて切ない歌声が合っていて、それだけでも胸が締め付けられます。

今はそばにいない、あなたにとっての大切な人を思い浮かべながら聴くと泣いてしまうかもしれません。

荒木若干

てんびんばかり河島英五

若くして亡くなられた歌手、河島英五さんの楽曲です。

人間の不条理な世界をてんびんに例え、まるで矛盾したでき事や在りようを叫ぶようにくり返し歌っています。

人間の永遠に解決することのない矛盾や愚かさをストレートに歌っています。

最低れん

恋人の裏切りによって別れることになってしまった様子を描いた、れんさんの2022年のナンバー『最低』。

裏切られて嫌な思いをした末にやってくる別れは、全部一からなかったことにしたいと思うほどつらい気持ちに押しつぶされてしまいますよね。

ずっと変わらない気持ちでいたのも、楽しいと感じていた日々もいつの間にか自分だけだったんだと気付いたときには、怒りや悲しみ、虚しさ、いろいろな負の感情が襲います。

それでも「もう嫌い」ときっぱり言えない別れの瞬間の気持ちは、多くの人が共感してしまうところではないでしょうか。

SAKI

ジレンマspeena

好きな相手に対して「閉じ込めて自分だけのものにしたい」ほどの独占欲の塊をゆったりとしたバラードメロディにぶつけた1曲。

相手のことをヒトというよりモノという認識で感情を出し、欲しがっている様子がうかがえます。