Music
素敵な音楽
search

【病みソング】あなたのつらい気持ちに寄りそう深い曲

失恋した、悲しいことが起きた、友達や家族とうまくいかない……。

そんな瞬間に、病みソングを聴きたいという方は多いのではないでしょうか。

自分が抱えているのと同じような悩みや苦しみが歌われた曲を聴くと、自分だけじゃないんだ……と少し楽になれますよね。

そこでこの記事では、さまざまなシチュエーションの病みソングを紹介します。

今の気分にぴったりの1曲を探してみてください。

あなたのつらい気持ちが少しでも楽になりますように……。

【病みソング】あなたのつらい気持ちに寄りそう深い曲

最後のI love you加藤ミリヤ

恋愛ソングが共感できると特に女性に人気の高い加藤ミリヤさんのラブソング『最後のI LOVE YOU』。

この曲は2008年にリリースされた加藤ミリヤさんの3枚目のアルバム『TOKYO STAR』に収録、アコースティックバージョンはデジタルシングルとして配信されています。

恋愛で悲しい思いをしてしまって病んでしまう、という方もきっと多いと思います。

特に失恋をした方は立ち直れないかもという闇の中にいらっしゃるのでは。

こんな曲で思いっきり泣いてみるのもいいのではないでしょうか。

うたたね

ほんとは生きるのとても辛いみるきーうぇい

普段生活していて感じる生きづらさ、それをそのまま歌っている曲です。

大阪出身の3ピースロックバンド、みるきーうぇいの楽曲で2016年にリリースされたミニアルバム『大人になるのはもうやめだ』に収録。

キャッチーなメロディー、ストレートなギターロックサウンドが印象的。

言葉の中に感情がぎゅっと詰め込まれていて、刺さります。

とくに若い世代なら共感できる方は多いかもしれません。

荒木若干

シニカル・ムーン中島みゆき

シニカルとは冷笑的な皮肉なといった意味だそうです。

不安や愛されたいと思う男女の心を月は全部見抜いて照らし出しているという雰囲気です。

月の光はルナティックと言われ、狂気を誘うと言われていますが、病み歌に月というのは歌われるべくしてそうなっているのかもしれません。

青空の果て奥田美和子

人生の絶望を歌った、奥田美和子さんの『青空の果て』。

2003年にリリースされたこの曲は、ドラマ『ヤンキー母校に帰る』の主題歌に起用されました。

つらいことばかりで、自分はひとりぼっちで、もう人生なんて……。

そんなつらい心境が描かれた歌詞は、同じようにつらい今を送っている方の心に響くのではないでしょうか。

それでも、いつかはきっとこの現実を抜け出せるはず、そんな光の差す未来も最後には感じさせてくれます。

今まさにつらくてたまらない方は、この曲に寄り添ってもらいながら少しだけ顔をあげてみてくださいね。

SAKI

ぐるぐる野狐禅

2009年に解散してしまった竹原ピストルさんとハマノヒロチカさんによる二人組フォークユニット、野狐禅。

この曲『ぐるぐる』は2004年に6枚目のシングルとしてリリースされました。

何もかもがうまくいかなくて自分と向き合うということ、誰にでもある時間ではないでしょうか。

自分が何者なのか、何のために生きているのか、何ができるのか……そんな堂々巡りで考えてしまう気持ちに寄り添ってくれるのがこの曲です。

竹原ピストルさんがソロで歌うバージョンもあります。

うたたね