Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

硝子窓King Gnu

King Gnuが放つ配信限定シングル『硝子窓』は、映画『ミステリと言う勿れ』の世界観を彩る主題歌としてふさわしい1曲です。

ドラマチックなストリングスに浮かぶ神秘的な歌詞が、リスナーを物語の世界へと誘います。

複雑で美しいメロディーは一度聴いたらクセになり、歌うほどにその奥深さに魅了されることでしょう。

King Gnuの持ち味である実験的な音楽性が際立つ、今聴くべきモダンロックナンバーです。

エッセンスを抽出した新鮮なアレンジが、彼らの可能性の広がりを感じさせます。

RAG MUSIC 編集部

Biri-BiriYOASOBI

デビュー以来「小説を音楽にするユニット」というコンセプトを貫き、その独創的な世界観とモダンな音楽性で国内外から高い評価を得ている音楽ユニット、YOASOBI。

21stデジタルシングル曲『Biri-Biri』は、Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の発売1周年を記念して制作されたインスパイアソングです。

ゲーム作品のストーリーとリンクするリリックは、往年のファンであればその情景が見えるのではないでしょうか。

軽快なアンサンブルとメロディーが心地いい、キュートなポップチューンです。

星野貴史

Moonthiefキタニタツヤ

2023年にリリースした『青のすみか』が大ヒットを記録し、その名を広く知らしめたシンガーソングライター、キタニタツヤさん。

5thアルバム『ROUNDABOUT』からの先行配信リリースとなった楽曲『Moonthief』は、オープニングから早口で畳み掛けるメロディーが印象的ですよね。

ダークかつトリッキーなアンサンブルは、タイトなビートも相まって聴き入ってしまう魅力を感じられるのではないでしょうか。

3分に満たない短い楽曲でありながら、その内容の濃さに圧倒されるポップチューンです。

星野貴史

ミックスマルシィ

爽やかなメロディーに乗せてストレートな愛を歌う、マルシィの『ミックス』。

2023年に配信リリースされたこの曲は、Google Pixel 7aのウェブCMソングに起用されています。

楽しいも悲しいも混ぜこむこと、そしてそれぞれ違う人間の2人がともに人生を交わらせること、いろいろひっくるめて全部一緒にしてこれから2人でずっと生きていきたい、という思いが歌詞には描かれています。

これからもずっと一緒にいたい大切な人と、ぜひ聴いてみてくださいね。

SAKI

アヴァン(Avant)EVE

歌い手やボカロPとして人気を博し、2019年にメジャーデビューを果たしたシンガーソングライター、Eveさん。

メジャー10作目のデジタルシングル『アヴァン』は、スマートフォン向けゲームアプリ『呪術廻戦 ファントムパレード』の主題歌として起用されたナンバーです。

エッジの効いたギターリフは、疾走感のあるアンサンブルを引き立て楽曲に勢いを生み出していますよね。

楽曲全体を包む軽快でありながらもダークな世界観が中毒性を生み出している、ドラマチックなロックチューンです。

星野貴史