Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

GOATNumber_i

新たな音楽シーンを切り開くNumber_iさんのデビュー曲『GOAT』。

2023年に元King & Princeの平野紫耀さん、神宮寺勇太さん、岸優太さんによる3人組アイドルグループとしてデビューした彼らがお届けする本作は、まさに革新的!

全編ラップでクールにキメたビートは、聴く者を一瞬で虜にしてしまいます。

とくに、1000万回再生を突破したミュージックビデオは見逃せません。

リスナーを刺激するさまざまな表現がちりばめられており、何回聴いても新しい発見があるはずです。

イヴ・サンローランの広告にも登場している彼らの洗練された世界観が魅力のこの曲、流行に敏感なあなたにオススメします!

RAG MUSIC 編集部

SOULSOUPOfficial髭男dism

2023年12月13日に配信リリースされたOfficial髭男dismの新曲『SOULSOUP』は、アニメ映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』の主題歌としても話題です。

この楽曲は、メンバーたちが料理人の見習いになり、アニメーションも交えたミュージックビデオが印象的。

ヒゲダンの音楽性、すなわちブラックミュージックをはじめとする多様なジャンルを融合したスタイルを見事に映し出しており、彼らの新しい挑戦は常に注目を集めていますね!

話題の曲に敏感でありたい方は、この曲をチェックしてみてくださいね。

RAG MUSIC 編集部

冬と春back number

リリースから時間がたっても色あせることのない、感情豊かな楽曲を生み出し続けるback number。

2024年1月24日には彼らの音楽の才能が輝く名曲『冬と春』がリリースされました。

本作は失恋してしまったとある女性の気持ちをつづったバラード。

とくに注目したいのは、彼女の複雑な心情を冬に積もって春には溶ける雪とともに映し出した歌詞の世界観です。

清水依与吏さんが監督を務め、石井杏奈さんが名演技を見せるMVは必見です。

悲しみを美しく表現しているback numberの楽曲は、心に直接語りかけてきます。

失恋を乗り越える勇気を与える1曲として、とくに失恋を経験した方にオススメしたい1曲です。

RAG MUSIC 編集部

幾億光年Omoinotake

島根県出身の3人組バンド、Omoinotakeがリリースした楽曲『幾億光年』は、2024年1月24日にデジタルリリースされ、TBS系火曜ドラマ『Eye Love You』のオープニングテーマに選ばれました。

この曲は、遠く離れた愛する人への変わらない愛をテーマにしており、時間や距離を超えた絆の強さを表現しています。

楽曲の魅力は、明るいメロディーと心を打つ歌詞。

日々が巡るようなサビ冒頭のフレーズを繰り返すことで、日々の積み重ねが永遠の愛に変わることを象徴しています。

遠距離恋愛中のカップルや、大切な人としばらく会えない人にとって勇気や希望を与える作品です。

深い愛と絆を感じたいときにぜひ聴いてみてくださいね。

RAG MUSIC 編集部

ナハトムジークMrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLEが2024年1月17日にデジタルリリースしたシングル『ナハトムジーク』は、映画『サイレントラブ』の主題歌として製作された楽曲です。

この曲は、愛と生きることの複雑さを鮮やかに描き出し、人間の存在のもろさとそれでも前に進もうとする強さを表現しています。

(特に、)人生の無常さや間違い、欠点を受け入れながらも愛を求め続ける心情が描かれていて、映画の登場人物たちの感情や物語の展開に深くリンクする内容になっています。

愛し、信じ続けたいという強い意志が込められた本作は、あふれるさまざまな感情とともに、多くの人々に受け入れられ話題を集めました。

愛と絶望、そして希望をテーマにした本作は、あらゆるシチュエーションでオススメです。

RAG MUSIC 編集部