Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

ディア♡マイフレンド (feat. かぴ)HoneyWorks

クリエイターユニットのHoneyWorksと、歌い手のかぴさん。

大ヒット曲を手掛けたこの黄金タッグがリリースした『ディア♡マイフレンド(feat. かぴ)』も見逃せません。

本作は素直になれないことへのかっとうや、自分を嫌悪する様子を描く歌詞に仕上がっています。

インパクトの強いフレーズを取り入れつつも、ポップなサウンドによりガーリーな雰囲気にまとめていますよ。

またパートによって異なる人物の心境が歌われているのも、おもしろい演出です。

山本

Sync Of Summer山下達郎

夏を彩る『Sync Of Summer』は山下達郎さんらしい清涼感とセンチメンタルなムードを兼ね備えています。

リズムは心地よく、メロディーは歌いやすい範囲に落ち着いているため、カラオケでのチャレンジもオススメです。

ただし、曲の魅力を最大限引き出すには、細やかな表現を意識することが大切です。

ボーカルの魅力が光る楽曲として、歌詞の世界観を伝えながら観客を夏の情景へと誘います。

シンプルでありながら深い余韻を残す、そんな曲であります。

RAG MUSIC 編集部

月光浴ヨルシカ

コンポーザーのn-bunaさんとボーカルのsuisさんによる2人組ロックバンド、ヨルシカ。

16作目の配信限定シングル曲『月光浴』は、アニメーション映画『大雪海のカイナ ほしのけんじゃ』の主題歌として書き下ろされました。

ヨルシカらしい文学的なリリックとやわらかい歌声は、ドラマチックなアンサンブルとともに聴き入ってしまう魅力がありますよね。

アコースティックギターをフィーチャーしたアンサンブルが繊細さと奥行きを作り出している、どこか神秘的なナンバーです。

星野貴史

トドメの一撃 ( feat. Cory Wong )Vaundy

モダンかつアーバンな音楽センスで若い世代を中心に人気を拡大し続けているシンガーソングライター、Vaundyさん。

アメリカ人ギタリストのコーリー・ウォンさんをフィーチャーした楽曲『トドメの一撃 feat. Cory Wong』は、テレビアニメ『SPY×FAMILY』のエンディングテーマとして起用されました。

軽快なギターのカッティングをフィーチャーしたアンサンブルは、浮遊感のあるメロディーをスタイリッシュに彩っていますよね。

アニメ作品の風景が見えるような哀愁を感じさせる、クールなポップチューンです。

星野貴史

私のままでSHISHAMO

恋愛中の情景が見えるリリックが若い世代を中心に支持を集めている3ピースロックバンド、SHISHAMO。

マッチングアプリwithのCMソングとして起用された14作目の配信限定シングル曲『私のままで』は、イントロのギターリフが耳に残る軽快なナンバーです。

相手の好みではなく自分らしさを大切にすることを決意するリリックは、年齢や性別問わず誰もが勇気をもらえるのではないでしょうか。

キュートな歌声が楽曲の世界観ともぴったりな、キャッチーなポップチューンです。

星野貴史