Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

VenusJO1

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者によって結成され、音楽活動以外にもバラエティー番組などで活躍する11人組グローバルボーイズグループ、JO1。

3rdアルバム『EQUINOX』のリード曲『Venus』は、叙情的なメロディーを紡いだ11人の美しい歌声が心地いいですよね。

大切な人の存在が心を支えてくれているというメッセージは、多くの方がご自身を振り返り共感してしまうのではないでしょうか。

奥行きのあるアンサンブルが世界観に引き込む、ソウルフルなダンスナンバーです。

星野貴史

B級ちゃんみな

それまでのラップのイメージをくつがえす楽曲で若い世代の女性を中心に高い支持を集めているラッパー、ちゃんみなさん。

4thアルバム『Naked』に収録されている楽曲『B級』は、ABEMAオリジナル恋愛番組『GIRL or LADY ~私が最強~』の主題歌として起用されました。

自分以外はみんなB級という自信に満ちたリリックは、番組のテーマともリンクするメッセージ性を持っていますよね。

キャッチーなフレーズとメロディーが中毒性を生み出している、スタイリッシュなナンバーです。

星野貴史

花嵐EVE

歌い手、ボカロPとしても人気を博し、2019年にシンガーソングライターとしてメジャーデビューを果たしたEveさん。

ブルボン「アルフォート」のCMソングとして書き下ろされたメジャー16作目の配信限定シングル曲『花嵐』は、音楽活動の開始から14周年記念日となる2023年10月1日にリリースされました。

背中を力強く押してくれるような叙情的でありながらもポジティブなリリックは、夢を追う人にとって困難を乗り越えるパワーになるのではないでしょうか。

爽やかなストリングスの音色をフィーチャーしたアンサンブルが印象的な、清涼感にあふれるナンバーです。

星野貴史

ノット・オーケーあいみょん

独特な視点や切り口のリリックとノスタルジックなサウンドで幅広い層のリスナーから支持を集めているシンガーソングライター、あいみょんさん。

2023年10月3日に配信リリースされたシングル曲『ノット・オーケー』は、事前告知なしのサプライズリリースであったことも話題となりました。

センチメンタルなリリックは、リスナーそれぞれの解釈でご自身の経験と重ねてしまうのではないでしょうか。

どこかオリエンタルな旋律のアンサンブルが耳に残る、カラオケでもオススメのナンバーです。

星野貴史

Tokyo Calling新しい学校のリーダーズ

昭和歌謡へのリスペクトを感じさせる楽曲とキャッチーなダンスパフォーマンスで国内外から支持を集めている4人組ダンスボーカルユニット、新しい学校のリーダーズ。

2023年10月20日にリリースされたデジタルシングル曲『Tokyo Calling』は、ユニットの新境地とも言えるエレクトロニックなビートがテンションを上げてくれますよね。

奥行きのあるサウンドとリフレインするフレーズは、ずっと聴いていたくなる中毒性を感じさせるのではないでしょうか。

ドラマチックに展開していくアレンジが世界観に引き込む、強烈なインパクトのMVにも注目してほしいナンバーです。

星野貴史