Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

憂う門には福来たるsomei

音楽に囲まれた環境で幼少期を過ごし、その等身大のリリックで注目を集めているシンガーソングライター、someiさん。

テレビアニメ『デキる猫は今日も憂鬱』のオープニングテーマとして起用された楽曲『憂う門には福来たる』は、サビから始まるオープニングと疾走感のあるアンサンブルがテンションを上げてくれますよね。

自分の存在を認めてくれるようなリリックは、夢や目標に向かう背中を力強く押してくれるのではないでしょうか。

清涼感のあるメロディーと歌声が爽やかな、勇気をくれるポップチューンです。

星野貴史

Relay~杜の詩サザンオールスターズ

シンガーソングライターとしても活動する桑田佳祐さんを中心に、J-POPシーンの夏には欠かせない存在として活動している5人組ロックバンド、サザンオールスターズ。

6作目の配信シングル曲『Relay〜杜の詩』は、ユニクロ「Life Wear/ヒートテック しあわせって今日のことだ編」のCMソングとして起用されました。

明治神宮外苑の再開発計画に対する思いを描いたリリックは、発展とともに失われていくものへの憂いを感じさせますよね。

壮大なコーラスワークのサビが心を震わせる、センチメンタルなバラードナンバーです。

星野貴史

ナイモノネダリDa-iCE

4オクターブのツインボーカルによる幅広い表現力がトレードマークの5人組ダンス&ボーカルグループ、Da-iCE。

2023年10月20日に配信リリースされた楽曲『ナイモノネダリ』は、テレビドラマ『ハイエナ』の主題歌として書き下ろされました。

リフレインするキャッチーなフレーズやブラスセクションをフィーチャーしたゴージャスなアンサンブルは、ドラマ作品への期待感を高めてくれますよね。

カラオケでもハイテンションで歌える、スタイリッシュなポップチューンです。

星野貴史

燃え尽きる月Kyrie

BiSHの中心人物として知られ、その特徴的なハスキーボイスでファンを魅了しているシンガーソングライター、アイナ・ジ・エンドさん。

自身が初主演を務めた映画『キリエのうた』の役名であるKyrie名義でリリースされた楽曲『燃え尽きる月』は、映画作品の劇中歌としても起用されました。

ピアノとストリングスをフィーチャーした透明感のあるアンサンブルとエモーショナルな歌声とのコントラストは、映画作品のストーリーを知らなくても胸が締め付けられるのではないでしょうか。

新時代の歌姫としてのポテンシャルを感じさせる、叙情的なナンバーです。

星野貴史

Sarracenia (Prod. Ryosuke “Dr.R” Sakai)SKY-HI

AAAのメンバーとしてメジャーデビューを果たし、シンガーソングライターや音楽プロデューサーとしてもその手腕を発揮しているラッパー、SKY-HIさん。

Netflixのアニメ『範馬刃牙 地上最強の親子喧嘩編』のオープニングテーマとして起用された楽曲『Sarracenia(Prod. Ryosuke “Dr.R” Sakai)』は、BE:FIRSTとのスプリットシングルとしてリリースされました。

アニメ作品のストーリーとリンクするリリックは、ハイレベルなラップスキルとともにテンションを上げてくれますよね。

疾走感のあるトラックも印象的な、スタイリッシュなポップチューンです。

星野貴史