Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

わたしの宇宙SHISHAMO

何気ない日常のすばらしさを確認させてくれる、『わたしの宇宙』を紹介します。

こちらはロックバンド、SHISHAMOがドラマ『姪のメイ』のオープニングテーマとして書き下ろした1曲。

その歌詞は作品の主人公にインスパイアされていて、生きる希望や力強い意志、そして清らかな心を描くものに仕上がっています。

その優しいメッセージはどんな人にでも刺さると思いますよ。

またギターの弾むようなサウンドが、リスナーのテンションをあげてくれるのもポイントです。

山本

Iクリープハイプ

クリープハイプが2023年9月にリリースしたこの曲、妙に聴き覚えがあるという方がいらっしゃるんじゃないでしょうか?

実はこの曲、2020年にリリースされた空音さんとの楽曲『どうせ、愛だ feat. クリープハイプ』を元に制作された楽曲だそうで、サビ部分は共通しているんですよね。

そんなおもしろい取り組みをしている『I』の歌詞には、強く真っすぐな片思いの様子がつづられていて、同じような感情を経験したことがある方は多いはず。

正直で素直につづられた言葉に胸を打たれることまちがいなしです。

羽根佳祐

勇者YOASOBI

メジャーデビュー曲『夜に駆ける』が日本初のストリーミング再生回数10億回を突破し、世界から注目を集める音楽ユニット、YOASOBI。

20thデジタルシングル曲『勇者』は、テレビアニメ『葬送のフリーレン』のオープニングテーマとして起用されました。

アニメ作品のストーリーをイメージさせるリリックは、難解なメロディーとともに心を震わせますよね。

壮大でありながらもポップなアンサンブルが気持ちをたかぶらせる、世界観に引き込まれるナンバーです。

星野貴史

すきっちゅーの! (feat. かぴHoneyWorks

TikTokやYouTubeなどのインターネットを中心とした活動で注目を集めるクリエイターユニットのHoneyWorks。

彼らが2023年にリリースした『すきっちゅーの!』は、女の子の素直な恋心を描いた楽曲です。

SNSで大ヒットを記録した『可愛くてごめん』の歌唱を担当した早見沙織さんがボーカルを務めており、コラボ企画としてかぴさんの歌唱も披露されています。

リズミカルなバンド演奏にのせて、推しに向けた愛の言葉がつづられる恋愛ソングです。

無糖

金星Tele

谷口喜多朗さんのソロプロジェクトであるTeleの楽曲で、ギターロックらしい雰囲気をまとった感傷的な1曲です。

この曲の歌詞は1曲を通して物語のようで、聴いているとまるで頭の中でドラマが再現されるかのような感覚があるんですよね。

それでいて歌詞のあちこちにリスナーごとに解釈する余地があって、熱い恋愛ソングにも切ない失恋ソングにも感じられるんですよね。

あなたはこの曲をどう感じるのか、ぜひ歌詞を読みながらお聴きください。

羽根佳祐