Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

本音と建前Sexy Zone

ドラマ『ウソ婚』主題歌に起用された『本音と建前』。

アイドルグループのSexy Zoneが2023年にリリースしており、作詞作曲を椎名林檎さんが担当しました。

ドラマの物語にもマッチした、大人の恋愛模様を描いた楽曲です。

ジャズを基調としたサウンドと彼らのエレクトロなボーカルが唯一無二の世界観を生み出しています。

誰にも打ち明けられない秘密を抱える感情を描いたロマンチックなダンスナンバーです。

さまざまな表情をみせる彼らの姿を楽しめるMVとともに聴いてみてくださいね。

無糖

SWEET BABYケツメイシ

楽曲全体からハッピーな雰囲気があふれ出しているこの曲はケツメイシがリリースした楽曲です。

2023年9月放送された日産ルークスのCM「家族が、ぐっと近づく軽」篇のCMソングに起用されたんですよね。

もしかするとこの曲をCMで耳にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

歌詞の中には車で走る様子を思わせるような歌詞も盛り込まれていて、程よいテンポの明るい雰囲気も相まってドライブのBGMにもピッタリです。

羽根佳祐

Grapefruit MoonTOMOO

チルな曲を探している方には『Grapefruit Moon』もオススメですよ。

こちらはシンガーソングライターのTOMOOさんが手掛けた1曲。

メジャー初アルバム『TWO MOON』のリードシングルで、大人だからこそ感じる「心の乾いた感じ」を表現しています。

誰もが抱えている気持ちを、しっかり言葉と音で表現してくれているのが聴きどころですね。

ちなみに「グレープフルーツムーン」とは、オレンジ色の大きな月が、低い位置にあることを指す言葉です。

山本

Living My Lifemilet

繊細かつふくよかな歌声でファンを魅了し、2021年に開催された東京オリンピックの閉会式での歌唱も話題となったシンガーソングライター、miletさん。

3rdアルバム『5am』に収録されている楽曲『Living My Life』は、テレビドラマ『転職の魔王様』の主題歌として起用されました。

どんな困難の中にあっても自分を見失わないことの大切さを教えてくれるメッセージは、夢や目標に向かう人の背中を押してくれますよね。

やわらかいアンサンブルとソウルフルなメロディーが耳に残る、miletさんの魅力が詰まったナンバーです。

星野貴史

エンジョイめいちゃん

2023年春に行われたライブツアー「へなちょこフォレスト」も大成功しためいちゃん。

そのめいちゃんがゆずの北川悠仁さんとタッグを組んだ1曲がコチラ『エンジョイ』です。

何といってもこの曲、聴くだけで元気が出るんです。

「そろそろ人のために生きるのをやめて自分のために生きよう!!」とつづられた歌詞に共感する人も多いのでは。

北川悠仁さんの明るさが爆発、めいちゃんの歌声が爽快、このタッグでダウンな曲になるわけないですよね。

『めざまし8』のエンディングテーマ曲として流れています、朝から元気をもらえますよ!

瀧乃涙pin句