Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

CREAKSixTONES

メンバーそれぞれがテレビドラマやバラエティー番組などでも高いスキルを発揮している6人組アイドルグループ、SixTONES。

11thシングル曲『CREAK』は、メンバーの松村北斗さんが主演を務めるテレビドラマ『ノッキンオン・ロックドドア』の主題歌として起用されました。

重厚なストリングスをフィーチャーしたアンサンブルとパワフルかつキャッチーなコーラスワークとのコントラストは、その世界観に引き込まれてしまう魅力にあふれていますよね。

目まぐるしく変化していくビートがテンションを上げてくれる、ミステリアスなダンスチューンです。

星野貴史

ロスタイム野田愛実

小学生の頃から歌手として活動する、シンガーソングライターの野田愛実さん。

この曲はテレビ朝日新人シナリオ大賞スペシャルドラマ『拝啓、奇妙なお隣さま』の主題歌にもなった1曲。

恋愛や人生の苦境において、こういった気持ちになってしまったという方もきっと多いはず。

どうして自分だけがこんなことになるんだ、という迷いや苦難の気持ちに寄り添ってくれる、優しくて心にスッと染み入る歌詞にきっと勇気や希望がもらえるはずです。

うたたね

光のありかCHiCO

ハニワの愛称で親しまれるクリエイター集団HoneyWorksとのコラボユニット、CHiCO with HoneyWorksのシンガーとしても知られるCHiCOさん。

ソロシンガーとしての活動第一弾シングルとして2023年7月にリリースされたのがこの曲『光のありか』です。

くじけそうになったり、壁にぶつかっている方がいたらぜひオススメしたい、前を向く力をくれる応援ソング。

CHiCOさんの優しく語りかけるようだったり、または力強さを感じる緩急のある歌声にも圧倒されます。

うたたね

ランバダ・ワンダランネクライトーキー

イントロからめちゃくちゃクセになる、耳に付いてしまうこの曲『ランバダ・ワンダラン』。

ネクライトーキーが2023年8月にリリースしたEP『踊れ!ランバダ』に収録されているこの曲は1曲を通してくるくると表情が変わる楽しいナンバー。

「ランバダ?」と疑問に思ってしまいますが歌の中でも触れられていますが答えは謎ですがダンスソングとしてもぴったり。

浮遊感のあるロックサウンドが楽しくて何度も聴きたくなってしまいます。

うたたね

生命体星野源

世界陸上・アジア大会TBS系テーマ曲としても起用されている星野源さんの力みなぎる1曲。

星野源さんの曲って毎回趣向をこらしてリスナーを楽しまさせてくれるんですよね。

たまに差し込まれるメッセージもどこか白々しいものではなく、肩の力が抜けた飄々とした星野源さんらしさが感じられます。

この曲も応援歌としての要素はたっぷりなのですが、「1位を取ったその先にもあなたは存在し続ける」と崇高な禅問答のような問い掛けも。

元気を出したい方にもオススメです。

瀧乃涙pin句