Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

花になって緑黄色社会

4人組ポップロックバンドの緑黄色社会。

彼女たちがアニメ『薬屋のひとりごと』のオープニングテーマとして手掛けたのが『花になって』です。

こちらはアップテンポなロックチューンで、花のような美しい生きざまを歌う歌詞に仕上がっていますよ。

単体で聴いても楽しめるのはもちろんですが、オープニング映像と合わせて楽しむのもオススメです。

曲とアニメの動きががリンクしていて、よりテーマ性を感じられます。

また歌詞とストーリーがリンクしているのも大きな魅力といえるでしょう。

山本

ラブソングマルシィ

心温まるメロディーと優しい歌声でリスナーの心を掴む『ラブソング』。

大切な人と過ごす時間の尊さを、穏やかな音色で描いたこの楽曲は、愛を感じさせる歌詞が印象的です。

心地よいアコースティックギターと吉田右京さんの歌声が融合し、まるで大切な人への想いをストレートに伝えてくれるよう。

2023年にリリースされたこの曲は、日々の生活に寄り添う1曲としてぴったりです。

恋愛をテーマにした楽曲の中でも、その温かさは特別なものがあります。

RAG MUSIC 編集部

YOU&愛Heavenano

anoさんの『YOU&愛Heaven』は、2024年1月1日にリリースされ、瞬く間にリスナーの心をつかみました。

元ゆるめるモ!のメンバーであり、現在ではタレントやモデルの活動も続ける多才な彼女ですが、この楽曲では作詞作曲の才能も発揮し、深い感情をうまく表現しています。

本作のミュージックビデオは、その美しさで注目を集め、見た目だけでなく、音楽性でもリスナーを引きつけて止みません。

自身が抱える感情をさらけ出したようなこの曲は、心の葛藤を抱える若者たちにとくにオススメですよ!

RAG MUSIC 編集部

Anytime Anywheremilet

miletさんが2023年9月29日にリリースした『Anytime Anywhere』は、多彩な音楽性を持ち味にしています。

さまざまなジャンルの音楽に触れた経験がある彼女が手掛ける曲は、リスナーの心に響く唯一無二の作品です。

情緒豊かな歌詞とメロディーは、アニメ『葬送のフリーレン』のエンディングテーマとしても採用され、そのドラマチックな世界観を彩ります。

この楽曲は、愛と再会を願う気持ちを力強く伝え、どんなシチュエーションでも、また誰にでもオススメできる曲ですよ!

RAG MUSIC 編集部

最後のバイバイ。りりあ。

りりあ。

さんが送り出す『最後のバイバイ。

』は、失恋の切なさをつづった楽曲で、LINEの返信を待つ心の動きを描いています。

2020年5月、デビュー作がLINE MUSICランキング1位を獲得するなど、すでに実力を証明している彼女。

本作では、透明感のある歌声でリスナーの心に染み渡るメッセージ性の強い歌詞が光っています。

とくに、自分だけが努力していると感じる恋の疲れや切なさがリアルに伝わってきますよ。

映画『バブル』の楽曲で注目を集めた彼女ですが、『最後のバイバイ。

』はそんな映像作品とはまた異なる彼女の音楽世界を感じさせてくれる1曲です。

切ないバラードが好きな方や、恋の切なさを味わいたい方にとくにオススメです!

RAG MUSIC 編集部