Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

GRL GVNGXG

この曲は2022年にデビューしたガールズグループのXGによる楽曲で、全米ビルボードチャートのHot Trending Songsにて1位を獲得するなど、世界から注目されているんです。

タイトルの『GRL GVNG』は「ガールギャング」と読み、R&Bやヒップホップのような重厚なビートにクールなラップが印象的。

強気で自信に満ちたリリックも注目のポイントで、全編英語詞ですが興味のある方はぜひ読み解いてみてください。

羽根佳祐

CODE GE4SS4s4ki

アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』とのコラボ作品であるインスパイアドアルバム『CODE GE4SS』に収録されているタイトルトラックがこの曲です。

神秘的なコーラスが響くイントロからブレイクビーツ風のトラックが展開していき、リズム感が強調されたボーカルワークが特徴的なんですよね。

アニメファンからは歌詞も含め、楽曲にアニメの世界観がしっかりと反映されていると話題なので、まだ聴いて居ない方はぜひ!

羽根佳祐

スカフィンのうた中村佳穂

2021年に公開されたアニメーション映画『竜とそばかすの姫』の主演と劇中歌を担当したことから幅広いそのリスナーに認知されたシンガーソングライター、中村佳穂さん。

2023年7月12日に配信リリースされた『スカフィンのうた』は、大塚製薬「ポカリスエット リターナブル瓶」のWeb CMのために書き下ろされた楽曲です。

瓶を繰り返し使うことで刻印されていく線を意味する「スカフィン」をテーマにしたリリックは、SDGsが叫ばれる現代社会においてその大切さを教えてくれますよね。

一度聴いたら忘れられない中毒性がある、キャッチーなポップチューンです。

星野貴史

memory堂村璃羽

YouTubeでの楽曲配信を中心に活躍している堂村璃羽さん。

彼が贈る失恋ソングが『Memory』です。

こちらは破局してしまったカップルの男性を主人公にした楽曲。

前半では1人でこれまでの思い出を振り返る様子をしっとりと歌いあげており、後半では湧き上がってくる後悔の思いをソウルフルに歌っています。

この前半と後半の対比により、より主人公の気持ちがリアルに伝わってくるんですよね。

また、MVを見ると意外なオチに気付けるのもポイントですね。

山本

FruitsRin音

日常を感じさせるリリックと、複数のMCバトルで優勝するほどのラップスキルで注目を集めているラッパー、Rin音さん。

Netflixシリーズ『離婚しようよ』の主題歌として起用された『Fruits』は、「SNSで最も使われる歌声」とも称されるasmiさんをフィーチャーしたナンバーです。

別れを決意したはずなのに気にかけてしまう心情は、恋愛をしたことがある方ならばご自身の経験とオーバーラップしてしまうのではないでしょうか。

ゆったりとしたトラックと切ないメロディーが心に響く、センチメンタルなポップチューンです。

星野貴史