Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

DEAR MY LOVERHey! Say! JUMP

日本を代表するアイドルグループ、Hey! Say! JUMP。

彼らが、メンバーの山田涼介さんが出演するドラマ『王様に捧ぐ薬指』のテーマソングとして手掛けたのが『DEAR MY LOVER』です。

こちらは王道のアイドルソングといった雰囲気で、ポップなサウンドに合わせて、永遠の愛を歌っています。

そのストレートな歌詞は、誰の心にも刺さるのではないでしょうか。

歌詞に合わせてハートを作るダンスも必見ですよ。

山本

0.1smol-74

夏に聴きたくなるような爽やかでスッキリしたサウンドのロックをお探しの方にオススメなのがこの曲。

mol-74が手掛けた『0.1s』は、涼しげなギターサウンドと熱が低めのボーカルワークが印象的なんですよね。

歌詞の中では「何気なく過ごしているこの瞬間は、数年後に振り返ってみればとても大切な思い出で青春なんだ」と歌っています。

大人の方であれば深く共感しながら自身の青春時代を思い出すキッカケになるでしょうし、若い世代の方にとっては今を大切にするキッカケになるかもしれません。

羽根佳祐

Darling Darling有華

幼少期からピアノや声楽を学び、社会人になってからも音楽を続けたことでメジャーデビューを果たしたシンガーソングライター、有華さん。

2023年7月5日にリリースされたデジタルシングル曲『Darling Darling』は、西海岸を感じさせるミュージカル調のアレンジが耳に残りますよね。

あざとくなりたいけどなりきれない女性の心情を描いたリリックは、パートナーを持つ多くの方が共感してしまうのではないでしょうか。

夏を感じさせる清涼感のあるサウンドが心地いい、キュートなポップチューンです。

星野貴史

I’m a messMY FIRST STORY

大切な人への愛情をストレートに歌う『I’M A MESS』を紹介します。

こちらは4人組ロックバンド、MY FIRST STORYがリリースした1曲。

「THE FIRST TAKE」で披露したことでも話題を呼びました。

疾走感のあるサウンドにのせて愛を歌うという王道のラブソングなので、老若男女問わず気に入ると思いますよ。

またこの曲はコロナ禍の自粛期間について歌っているともいわれているんです。

それをふまえるとまた違ったメッセージを感じられるでしょう。

山本

FIREWORK&TEAM

日本人、台湾人、韓国人、ドイツ系日本人という多国籍なメンバーで構成された9人組ボーイズグループ、&TEAM。

2ndEP『First Howling : WE』のオープニングを飾る『FIREWORK』は、Adoさんの『うっせぇわ』を手がけたボカロPであるsyudouさんが制作に参加したことも話題となりました。

花火を見上げながら大切な人を思い浮かべる気持ちは、熱い季節の始まりを予感させてくれますよね。

疾走感のあるビートと透明感もある歌声がテンションを上げてくれる、夏らしい清涼感がテンションを上げてくれるナンバーです。

星野貴史