Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

一生このままMEGA SHINNOSUKE

菅田将暉さんや私立恵比寿中学などに楽曲提供したこともある、シンガーのMega Shinnosukeさん。

彼が2023年に配信した『一生このまま』は、熱いロックサウンドにのせて、大切な人をこれから一生ずっと好きだという熱い愛が歌われています。

本当に一生好きでいられるのか、不安に感じさせる言葉づかいではあるものの、一緒にいない時間を不安に感じる様子などからは、好きという気持ちがあふれているようにも感じられます。

「不安」という一見負の感情のようなものが、イコール好きということなのかもなと思わされる曲です。

SAKI

SceneDa-iCE

ダンス&ボーカルグループのDa-iCE。

彼らが結成12周年という節目の年にリリースしたアルバムの表題曲が『SCENE』です。

彼らといえばバラードからポップスまでさまざまなジャンルの曲を手掛けることで知られていますが、こちらはR&Bのような雰囲気に仕上がっています。

ただし従来のR&Bとことなり、超高音のハモリや力強い歌唱を織り交ぜた他にはないサウンドに仕上がっています。

また彼らの心境を歌う歌詞にも要注目です。

山本

マタフタマタ莉犬

6人組エンタメユニットとして活動するすとぷりのメンバーとしても知られ、声優や歌い手の活動で人気を博しているシンガー、莉犬さん。

6作目の配信限定シングル曲『マタフタマタ』は、シンガーソングライターとして注目を集めている和ぬかさんによる書き下ろしということも話題になりましたよね。

インパクトのあるタイトルと、止まらない好きな人への気持ちが描かれたリリックは、青春時代の恋愛を思い出してしまう方も多いのではないでしょうか。

複雑なメロディーと軽快なアンサンブルが印象的な、キュートなポップチューンです。

星野貴史

ターコイズSEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARIが2023年の6月にリリースするトリプルA面シングルから、5月に先行配信されたのが『ターコイズ』です。

キリン「氷結」シリーズのテーマソングに起用され、コマーシャルにはSEKAI NO OWARIのメンバーも出演しています。

イントロにはバグパイプが使用され、そのおかげで楽曲全体にアイリッシュミュージックの雰囲気が漂っているんですよね。

公開されたミュージックビデオではメンバーたちがサーカスの団員を熱演しているので、ぜひご覧になってみてください。

濱田卓也

Moving PiecesTravis Japan

メジャーデビュー前に武者修行としてアメリカに無期限で留学し、2022年にグローバルメジャーデビューを果たした7人組アイドルグループ、Travis Japan。

2ndシングル曲『moving pieces』は、世界的な音楽プロデューサーであるPoo Bearさんによって書き下ろされたクールなダンスチューンです。

変化を恐れずに前進する決意を感じさせるリリックは、ファンの方へのメッセージにも感じられますよね。

全英語詞というスタイリッシュさが他のアイドルグループとの決定的な差を生み出している、次世代のJ-POPを感じさせるナンバーです。

星野貴史