Music
素敵な音楽
search

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

国内の音楽シーンはJ-POPを中心に、シーズンごとにさまざまな曲やアーティストが登場しますよね!

その移り変わりは激しく、なかなか流行を常にチェックし続けるのは難しいかもしれません。

しかし、カラオケに行ったときや普段の会話など、はやりの曲を知らないと恥ずかしい……!という場面もありますよね。

そこでこの記事では邦楽のはやりの曲をたっぷり紹介していきますね!

J-POPシーンをけん引する人気アーティストの曲はもちろん、ドラマや映画の主題歌、話題のニューカマーの楽曲も紹介していきますので、音楽の流行が一気にわかりますよ!

【2024年2月】流行りの曲。今が旬の最新のバズっている曲まとめ

あたしの全部を愛せないa子

ポップ、エレクトロ、ジャズ、ニューウェイブなど、さまざまな音楽性を取り込んだ楽曲で注目を集めているシンガーソングライター、a子さん。

2023年6月21日に配信リリースされた『あたしの全部を愛せない』は、軽快なビートと透明感のあるウィスパーボイスが耳に残りますよね。

恋をしながらも自分へのネガティブな感情が拭えないというストーリーを感じさせるリリックは、多くの方がご自身の経験と重ねてしまうのではないでしょうか。

幻想的でありながらもアンニュイな空気感が印象的な、センチメンタルなナンバーです。

星野貴史

光の中へ結束バンド

アニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』に登場するバンド、結束バンドの新曲として話題を呼んでいるのが『光の中へ』です。

アニメのオフラインイベントで初披露され、口コミが広まりました。

その歌詞は音楽を楽しむ主人公の高揚する気持ちを描く内容に仕上がっています。

音楽が好きな方はきっと共感できるのではないでしょうか。

また作品を見てバンドについて知っておけば、より楽しめると思います。

山本

エンドロールは悲しくないDISH//

俳優としても大活躍の北村匠海さん率いるDISH//が、2023年5月にリリースした配信限定シングルが『エンドロールは悲しくない』です。

YouTubeではリリースと同時にミュージックビデオが公開され、またたく間に多くのリスナーに届けられました。

エモーショナルなサウンドがグッとくるロックチューンで、瞬く間に過ぎ去っていく人生を精一杯2人で生きることを歌った歌詞も心に響くんですよね。

濱田卓也

FANFAREINI

YouTubeでMVが公開されると、瞬く間に口コミが広まったのが『FANFARE』です。

こちらはグローバルボーイズグループ、INIがリリースした1曲。

タイトルにある「ファンファーレ」とは派手に誇示するといった意味の言葉で、まさにその通りの歌詞に仕上がっています。

ヒップホップのようなサウンドに乗せて力強い言葉で夢への思いが語られています。

またメンバーの一糸乱れぬダンスも要チェックです。

その動きからも力強さを感じられるでしょう。

山本

アイドルYOASOBI

デビュー曲『夜に駆ける』がいきなりJ-POPシーンに衝撃を与え、国内外から高い評価を受け続けている2人組音楽ユニット、YOASOBI。

テレビアニメ『【推しの子】』のオープニングテーマとして起用された20作目の配信限定シングル曲『アイドル』は、リリースから約2週間でストリーミング累計再生数1億回を突破したヒットチューンです。

複雑かつ跳躍の多いメロディーは、カラオケで歌いこなせればストレス解消になることまちがいなしの難易度ですよ。

キュートなだけでなく狂気を感じさせる空気感の再現も目指してほしい、キャッチーなポップチューンです。

星野貴史