Music
素敵な音楽
search

【必読】歌詞がいい曲。歌詞を見ながら聴きたい感動の曲

日本が誇る数々の名曲の中から、とくに歌詞のいい楽曲を厳選して紹介します。

「一度聴けば忘れられない」そんな心に直接響くメッセージソングを、誰もが認める定番の名曲から最新ソングまで集めました。

音楽を聴いて「泣きたい」「感動したい」「元気をもらいたい」という方、また人生に影響を与えるような歌をお探しの方にはぴったりの選曲なので、ぜひ聴いてみてくださいね。

あなたのつらい気持ちに寄り添い、押してほしい背中をトンとやさしく押してくれるはずですよ。

【必読】歌詞がいい曲。歌詞を見ながら聴きたい感動の曲

MPRINCESS PRINCESS

1992年にリリースされた、プリプリを代表するラブソング!

バンドメンバーのひとりの恋をテーマにしていて、彼女の失恋をいすために作ったそうです。

ピアノイントロからひきこまれますね。

アドレス帳に残った、好きな人のイニシャルを思いながら、恋の終わりを歌い上げます。

時代に関係なく、失恋した人にそっと寄りそう名曲ですね。

えん

Family Song星野源

高畑充希が主演のドラマ『過保護のカホコ』の主題歌にもなっていたのでそのイメージが強い方も多いのでは?

星野源の『Family Songs』です。

ドラマの内容にもしっくりくる、タイトルの通り「家族の歌」なのですがじっくり聴くとしみじみといい曲。

家族だけでなく、いろんな人やシーンに通じるような、大きな愛がギュッと詰まった1曲です。

うたたね

月のしずくRUI(柴咲コウ)

映画『黄泉がえり』劇中歌・主題歌。

柴咲コウさんがRUI名義でリリースしました。

静かでスローなリズムのニューエイジのようなバラードです。

映画では亡くなった人々がよみがえり、大切な人たちと残された時間を過ごします。

RUIも恋人を失っていて、本曲には彼への思いがつづられていますね。

頭の片隅に焼きついて、離れない、そんな魅力を秘めています。

えん

トイレの神様植村花菜

植村花菜さんはメッセージ性の強い歌詞が特徴的なシンガーソングライターです。

『トイレの神様』は、2010年に発売された5枚目のミニアルバム『わたしのかけらたち』に収録されているリードナンバーです。

この曲で紅白歌合戦にも出場しました。

祖母との生前の会話を詰め込んでいたり、祖母へ恩返しができなかった悔しさ、そして祖母への感謝の言葉を歌詞にした感動的な楽曲になっています。

大切な人に恩返しをしたくなるそんなすてきな歌です。

はつ恋福山雅治

2009年リリースの福山雅治さんの1曲。

マイナー調の暗めの楽曲でありながら、しっとりとして美しさも感じられる楽曲ですよね。

そこに福山さんの持ち味である色っぽく、よく響く歌声が見事にマッチしています。

曲名を一見すると、いわゆる初恋の歌なのかなと感じますが、歌詞を読んでみるとそれは比喩であることがわかりますね。

元恋人同士である男女が、今はお互いに大切な人がいるけれども、やはり本当に愛しているのはこの人だったという思いがつづられています。

かなわぬ思いに切なさがあふれだす1曲ですね。

羽根佳祐